ホーム マイアカウント お問い合わせ




〜甲南漬のはじまりについて〜

甲南漬を製造している高嶋酒類食品は、神戸市の東部に位置する酒処灘五郷の一つ、御影郷で生まれました。
初代高嶋平介は灘五郷の酒造家より酒粕を買い、酒粕の仲買業を営んでおりましたが、明治3年(西暦1870年)に、酒粕から粕取り焼酎の製造を始めるべく焼酎製造免許を取得しました。よってこの年を創業の年と定めております。


創業時は、酒粕の仲買業と焼酎の製造販売で営んでおりましたが、明治29年に、焼酎を原料とする本味醂の製造販売を開始し、その後明治37年には、酒粕、本味醂と味醂粕を利用して奈良漬の製造販売をも開始致しました。翌明治38年に日露戦争が終結し、日本国内が戦勝景気で進物奈良漬が大変よく売れたとのことです。
このように、酒粕から焼酎、焼酎から本味醂、本味醂から奈良漬へと、得意とする商品から、より付加価値の高い新しい商品を生みだし、現在の商標「甲南漬」という奈良漬製造に至っております。

〜甲南漬のこだわりについて〜

甲南漬は六甲山の南で製造された奈良漬のことを指しております。
その製法は昔から変わらず、手作業で漬け込み時に一年以上の歳月をかけてじっくり漬け込まれた奈良漬になります。
甲南漬の特徴は徳島県産の契約農家で栽培された白瓜「あわみどり」の品種を使用しております。
他の瓜と比べ、肉厚で漬け込んでもしっかりした歯ごたえがしっかり残っている瓜になります。
また、酒粕ついては灘の酒粕を主に使用し、自社醸造のはくびし本みりんとみりん粕で味を整えております。
調合された酒粕を使用することに、香り豊かなコクのある奈良漬に漬けあがります。